運命の叩く音が聞こえたり聞こえなかったりbyマクター

マキャベリーは君主論で「未来の半分は運命にかかっているが、半分は人間が操作できる。 だから運命を知った上で先手を打て」と語っている。

ならば目の前に広がるレジに並ぶ客客客…
この惨状を知った上で先手を打とうと思う

先手1:人手を増やす
ベターだろうけど人件費がネックなので却下

先手2:店の入り口を閉める
そんなことをしたら売り上げ下がるので却下

先手3:ゴ○ゴ13に頼む
用件を聞こうか…
お客さんをうtt

…マキャベリーさん未来の4分の3くらいは運命にかかってそうです。
[PR]
by hermestri | 2007-02-13 16:04 | マクター
<< 顧客のニーズbyマクター 渚のジュークボックスへようこそ俺 >>